よく話題になっているふるさと納税ですが、ふるさと納税をすることはどういうメリットがあるかご存知ですか?

納税というぐらいですので、税金が控除されるのはもちろんのこと。それに加えて、自分の好きな地域に貢献することができ、さらには特産物などお礼の品がもらえます。

ふるさと納税をすることで社会貢献になりますし、自分の税金も控除されて返礼品までもらえてとてもお得です。

ふるさと納税の基本的なこと


ふるさと納税は簡単にいうと、都道府県や市町村への寄付です。

そしてその寄付金のうち、2000円以外の分は所得税や住民税から控除されることになっています。

ふるさと納税という名称から、一見自分の生まれ故郷を選ばないといけないのかなと思いそうですが、どの自治体でも選ぶことができます。

さらには、「うちに寄付してくれたらこの商品をお礼にあげます」みたいな感じで、各自治体ごとに返礼品というものが用意されています。

返礼品には、肉や魚、果物、旅行券、日用品、家電、工芸品など色々あります。

例えば、北海道の自治体に寄付すればカニやウニなどが返礼品だったり、特産物とかが多いですね。

ふるさと納税で寄付した金額のなかで、2000円は控除されないですが、実質たったの2000円で2000円以上の返礼品がもらえるのでかなりお得です。

少額でもいいものがもらえる

ふるさと納税はで寄付できる金額は、収入に応じて違います。

収入が多い人は納税しなければいけない金額も多いので、ふるさと納税の大きな恩恵を受けられます。

しかし、少額でもふるさと納税でいい返礼品がもらえる自治体がけっこうあります。

そもそもの始まりは?


ふるさと納税は急によく聞くようになりましたが、なぜこのような制度ができたのかというと、多くの人が都会に移り、都会で納税をしているからです。

都市部に人口が集まり、地方は農家の後継ぎがいなかったり、人口不足に悩まされています。

ですが、都市部で暮らす人たちの多くは地方出身でもあります。

地方で生まれ育ち、やがて大学や就職で都会に移り住んで、そこで納税をしている人が多いので、地方には税金があまり入らない状態になっているんです。

そのため自分の生まれた地域など、納税する対象を自分で選ぶことができるといいのではないかということで、この制度が生まれました。

ふるさと納税の問題点


税金が控除され返礼品がもらえ、社会貢献もできる、とてもお得なふるさと納税ですが、少し問題点もあります。

それは、各自治体で競争が過熱しているという点です。

ぜひ自分のところに寄付してほしいと、返礼品がどんどん豪華になっていき、少々やりすぎ感があります。

そして収入によってふるさと納税で控除される金額は個人によって違うので、収入が少ない人よりも多い人の方が、いくつかの自治体に寄付することで、返礼品をたくさんもらえるんです。

話題になって過熱しすぎたといっても過言ではないふるさと納税。地方に税収入が入るようにと始まった制度ですが、実際のところはやはり返礼品によって偏りがあり、すべての地方が活性化しているわけではないので、こういった問題点を解決するにあたって、ふるさと納税の制度も変わっていくかもしれませんね。