■「リボべジ」とは?

「リボべジ」とは「再生野菜(リボーン・ベジタブル」の略。
いつもは捨ててしまう、野菜の根っこの部分やヘタを水に浸して再生させることを言います。

インスタグラムやツイッターなどのSNS上でも話題となり、観葉植物のようにおしゃれに育てて楽しむ方たちが増えているようです。

 

■リボべジの「魅力」とは?

 

・食費の節約になる

野菜をもう一度栽培して、料理に使うことができるので、食費の節約に。

・簡単に始められる

肥料も必要なく、野菜の切れ端を水に浸すだけでOK!

・インテリアの一部として

スペースを取らずに簡単にでき、器をおしゃれなものにすればインテリアの一部として楽しむことができます。

 
このように、リボべジは魅力がいっぱい!
ですが、すべての野菜ができるというワケではありません。

最も「リボべジ」に利用される人気の野菜をご紹介!

 

■豆苗


豆苗(とうみょう)は育てやすいことから、リボべジ初心者の方でも◎
再収穫について、パッケージにも書かれているので、試したことのある方も多いのでは?

・育て方のポイント

★1)脇芽の上でカット
★2)室内で近くに窓があり明るい場所
★3)1日に1回は水替え(※夏場は1日に2回以上)
★4)再生栽培は最低2回まで

【★1】
豆苗には2つの脇芽があります。

葉に近い上の方の脇芽をカットを「パターンA」。
豆のすぐ上の脇芽をカットを「パターンB」。

早く確実に収穫するには「パターンA」の切り方が一番だそう!

 

■水菜


水菜も少し長めに切るだけ。
1週間ほどでぐーんっと伸びます。

・育て方のポイント

★1)根の部分から3㎝ぐらい上のところでカット
★2)カーテン越しに日があたるぐらいの窓辺で育てる
★3)毎日こまめに水替え
★4)密集していると腐りやすいので根元のヌメリを取っておく

 

■人参


人参はヘタを使って育てていき、人参の葉を再生食材として使います。
人参の葉は消臭効果が非常に高く、汗ばむこの季節に気になる体臭を防止してくれます。

・育て方のポイント

★1)1.5㎝ほどの厚みを残してヘタをカット
★2)浅い容器に入れる
★3)ヘタの上部分が水にかからないように1㎝ほど水を入れる
★4)窓際などの明るい場所で育てる

 

■小松菜


他のものと同様、小松菜も根っこを捨ててしまいますよね。

そのまま根っこを捨てずに水につけておくだけで、小松菜も再収穫ができます。

・育て方のポイント

★1)根っこを残して3㎝ほどでカット
★2)根っこがひたるくらいまで1㎝ほど水を入れる
★3)小松菜の頭の部分は水に浸ってしまうと腐る原因になるので注意

出典:再生栽培

 

■キャベツ


キャベツの芯から再収穫ができます。
ですが、キャベツはこの中でも再収穫まで日がかかり、難度は高め。
その変わり、うまく育てれば永久に再生するという方も。

・育て方のポイント

★1)水の量はキャベツの芯が少し浸かる3分の2程度
★2)2~3日に一度、芯のヌメリを洗い落とす
★3)葉が生えてきてから、土に植え替える

 

■さいごに…

他にも、大根、ネギ、玉ねぎ、ニンニクの芽などもリボべジができます。

野菜も私たちと同じ生き物。
水をこまめに替え、定期的に容器を洗うなど。
清潔を保つようにしましょう。

食費の節約だ!と何度も再生するのは衛生面的にも問題が生じやすいです。
食べ物ですので、1~2度再収穫を目途に、新しい野菜の切れ端を使うようにしましょう。

食費の節約だけではお金がまだ足らないという方は他にもいろいろ方法があります。
詳しくはこちら

どうしてもお金が必要でピンチ!大至急お金を作る方法